インターネット回線とは?

すでにインターネット経験が長い人にとってはなんてことありませんが、まだ一度もネットをやったことがない人にとっては、「インターネット回線ってなに?」という状態だと思います。
そこで今回はみんな初心に立ち返って、インターネット回線とは何かについて基本知識を学んでみましょう。
まず言葉の定義からいえば、インターネット回線とは、パソコンなどの情報機器とインターネットを繋ぐ経路のことをいいます。
情報機器はそれのみではネットに繋ぐことはできませんが、回線が繋ぎ役を果たしてくれることでインターネットができるようになります。
この繋ぎ役の部分がインターネット回線ということになります。

 

インターネット回線の種類

 

さて、そのインターネット回線ですが、実は種類がいくつかあります。
例えば、昔ながらのダイアルアップ回線から、フレッツADSL、ケーブルテレビ、光ファイバー、ポケットwifi、WiMAXなどです。
選択肢が多すぎて何が何だかさっぱりという方もおられると思いますが、一つ一つ特長を覚えていけば安心です。
まずダイアルアップ接続とは、電話線を使ってネット接続する方式のことです。
ネットに接続してる間は電話を使うことはできず、しかも光やWimaxに比べて通信速度も遅くなります。
光ファイバーが全国的に普及している今では、ほとんど使っている人はいません。

 

ADSLとは

 

ADSLとは、電話を使いながらネット接続ができる方式のことです。
光ファイバーや高速モバイル通信ほどではありませんが、ダイアルアップ方式に比べると早い速度でインターネットができます。
そして、現代のネットユーザーの多くが利用しているのが光ファイバーです。
光ファイバーとは、文字通り光を使ってデータのやり取りをする通信方式のことで、常に安定した早い通信速度でインターネットを楽しむことができます。

 

ポケットwifiとWiMAX

 

最後にポケットwifiとWiMAXですが、この二つは小型ルーターを使って屋外で高速無線通信することができるサービスです。
光ファイバーやADSLのように回線工事をする必要がなく、契約をしてルーターが届いたらすぐにネットが開始できます。
このように、インターネット回線と一口にいってもいろいろな種類があり、その種類ごとに特長が異なっています。
選択肢はまだ多くありますが、主流となっているのは光ファイバーとポケットwifi&WiMAXです。
光ファイバーはいわゆる固定回線、ポケットwifiとWiMAXはエリア内であればどこに行ってもネット接続ができます。